2019年08月07日 07時40分
美術館

毎日
暑すぎますね!がご挨拶になっていますね。
みなさん体調は大丈夫ですか?

畑のコールラビ、
ずいぶん大きくなりました。

甘くてサクサクした食感で
美味しいコールラビ、
名前にもラビ、がついて
大好き(笑)

フランスにきたのだから
美術館に立ち寄りたいと思っていたところ
二ヶ所に寄ることができました。

最初はシャガール美術館。

色合いが大好きなシャガールですが
シャガールが生きている間に作られた美術館にきて
たくさんの絵をみることができました。
美術館内の絵は写真撮影OKということに
まず驚き。

タイルで作られたものは
水辺の向こうに。

描かれている内容は
ユダヤ人迫害や戦争、宗教なども多く
こういった内容のムービーや
展示もありました。

歴史をもう少し掘り下げて
予習してから観ると
また感じるものが変わってくるのかな、と
思いながら
シャガールが生きている間に作られた
美術館を後にしました。

お庭もシャガールの意向が反映された作りに
なっているそう。
オリーブの古木の足元にはラベンダー、
とにかく暑くてゆっくり散策は
無理でしたが
たっぷり眺めてきました。

パリに戻ってからも美術館へ。

ルーブル美術館は
全部を観るには5日はかかると言われている広さ。
外観だけをセーヌ川沿いから眺めて、、、

オルセー美術館へ
立ち寄りました。

こちらの美術館はなかなかの混雑。
チケットを買うのに10分くらい並びましたが
日本語アナウンスで
場内は大変混乱しています、
スリには充分ご注意ください〜と何度も
繰り返し流れていました(*゚∀゚*)

知名度の高い絵画の前は
黒山の人だかり。
仕方ないですよね。後方から遠目に眺めて

フランスの地方の緑いっぱいの風景に
引き寄せられてしまいます。

グスタフクリムトの絵を
思いがけなくみることができて
嬉しかったです。

人混みの中
スリに気をつけながら
美術鑑賞、なかなかできる
体験ではないですね(^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です