2020年07月26日 07時50分
久しぶり黒松内

なかなかリアルタイムなblog更新が
できていないのですが(〃ω〃)
少しずつ自分で自分の背中を押して
日常を取り戻せたらいいな、と
思っています。

先週、雨の日に
黒松内に行ってきました。

昨年秋の学校の授業以来なので
久しぶり。

黒松内で携わったガーデン監修の現場の
あちこちを見て回ってきました。

町立体育館前のガーデン、
3年過ぎましたが
こんなかんじになる〜と予想した大きさに
育っていましたU^ェ^U

「ローメンテナンス」が優先順位1位。

それなりの面積がありますが
ローメンテナンスはクリアできているようです。

前日はいいお天気で
ガーデンの植物はキラキラ生き生きしていた!
と言うことなので
問題なし!
見たかった笑

町民センターでは
ハーブの会のみなさんが香り袋を作っていて
久しぶりにお会いし
いつもの楽しいおしゃべりに
少しの間参加させていただき
その後ハーブの会が管理している
東山ガーデンにも行ってきました。

もう10年近くなるのかなー
風景にしっとり馴染み
いい雰囲気を醸し出すガーデンに
仕上がっていました。

我が家から里子にだした
ロサグラウカの苗木はすっかり大きくなって
月日の流れを感じます。

途中から雨が強くなり
写真がないけれど
役場前のコンテナ類は
先月苗の手配をして、町民の皆さんで
植え込みをしましたが
可愛らしい雰囲気の寄せ植えでしたU^ェ^U

中学校、小学校の花壇やパークゴルフ場の花壇も
きれいに管理されていました。

大株になり株分けが必要なこと、
土が減り痩せてきていること、
肥料のことなどをお伝えしてきました。

ガーデンのお仕事は
メンテナンスを続け維持していただけると
ずっとそこに残って進化していくので
やりがいがあります。

ご縁があり
黒松内で10年以上前にハーブを暮らしに取り入れて
心身の健康に役立てまちづくりに生かそう、と
始まった森林療法が
細く長く続き、ハーブの会ができて
近年は森林療法に光が当たってきました。

すぐに結果がでなくても
大切なことは地味なことでも
コツコツと続けていく忍耐力が
実を結ぶ、ということ。

講座でいろいろな提案をしたことが
ハーブの会の皆さんを通して広がっていることが
嬉しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です