2020年07月04日 07時35分
ワイルドストロベリー

庭は実のなるもの祭りに
なってきました。

ワイルドストロベリー。
この時期ラビッヂは庭に出ると
猛ダッシュで裏庭に向かい
ワイルドストロベリーやラズベリー、
グスベリーを食べていました。

わたしに「もうおしまいにしようね」と
言われる前に一粒でも多く食べたいから笑
でも食べ頃の実を選んで優しく食べるので
いつも数粒。

ロンやみふぃは
とりあえず見えるものは
口にいれてしまえモードだったので
性格が違って面白かった。

まずはお供えして
みんなで仲良く食べてもらいます。

庭の植物の成長にあわせて
その時々のラビッヂとの思い出があり
わぁ〜(๑・̑◡・̑๑)と
あたたかな気持ちになる時もあれば
しんみりして涙が出てくる時もあり

自分の気持ちの予想がつかない
不思議な日々を過ごしています。

ハーブゼラニウムや
コンフリーのお花、
小さいけれど
よく見ると模様が入っていたり
じーっと見つめてしまうのですが
ろーがんが邪魔をして
メガネを上げたり下げたり。。

銅葉の三つ葉もあちこちに。

茹でると緑色にもどるのですが
カラーリーフとして
重宝しています。

年末年始にお雑煮用の三つ葉の
お値段を思うと
宝の山のよう。

柔らかいうちに茹でて
冷凍しておこうU^ェ^U

短大時代にアルバイトをしていた
郷土料理とお蕎麦のお店のメニューに
「とりなめこそば」というのがあり

かしわそばにたくさんのなめこと三つ葉が
入っていて大好きだったので
たまに作るのですが
出汁やかえしの味は再現が難しいものですね。

もうお店はないので幻の味になっています。

コメント(0)


2020年07月02日 05時40分
ふわふわ

朝露を纏うラムズイヤーが
かわいいです。

ラビのトイレだったエリアに
大繁殖してきました。
栄養もらっていたのかな(〃ω〃)

もともとグリーン主体の庭、
お花は少なめですが
今時期がシーズンの中で1番さいています。

ホップは二階まで到達しました。

レモンバーベナも
枝葉をぐんぐんのばし
風のある日は
いい香りが玄関付近に漂います。

ハニーサックルも
夕方から香りが強くなり
庭についつい出てしまいます。

コメント(0)


2020年07月01日 06時04分

庭に猫がやってきた、と
以前アップしましたが

無事に保護されたので
ご報告です。

近くで子育てをしていた猫が
仔猫を4匹連れて
車庫に引っ越してきてしまいました。

どうしようか、、、
うちに来る前から
保護に向けて動き出している方々も
いらっしゃるけれど
車庫に居座った以上
私自身もかかわらない訳にはいかなくなり
動物保護につながりのある方々に相談する中

あ!そうだ!
以前お仕事ご一緒させていただいた
古い知人が
今個人で猫の保護活動に尽力されていることを
思い出して
事情を相談したところ、
保護から里親までひっくるめて
快諾していただき
すぐに保護に向けての準備が
スタートしました。

実行部隊が下見にいらして
作戦を練る、
この時点では4匹いた仔猫が2匹しか
目視できず
全頭1度に捕獲するために
餌付けをすることになり

人生初のキャットフード売り場に行き
何を買ったらよいのか不明、、、(´∀`)
売り場にいた方にアドバイスを求め
1週間分位を購入しました。
(もちろんチュールも笑)

さすが保護のプロフェッショナル
ペットカメラを設置して数日後、
仔猫4匹を確認することができました。

捕獲器を置き

一匹ずつ捕獲しては
里親さんのもとに届けてまた
我が家へ戻ってくる、を繰り返して
夜に突入してそのまま徹夜、
早朝に最後の仔猫が捕獲器に入り
無事に全頭保護が完了しました。

ご近所の方々の善意、
保護の依頼をした古い知人が
実行部隊の方、保護主里親さんを
あっという間に手配してくださり
保護の実行部隊の方には
連日足を運んでいただき
確実に解決できて
ほんとによかったです。

保護してもらうためには
依頼者サイドに
保護後の健康診断、去勢避妊などの費用が発生します。
新しい家族のもとに渡るまでの間
ごはん代や体調不良になれば病院代、
ガソリン代、薬代もかかり
ボランティアで活動する方々がまかないきれる
ものではありません。

依頼主や里親さんが負担しながら寄付もつのり
命を繋いでいく現実があります。

犬や猫を
保護しなくてはいけない状況を
作らないような世の中になればいいなと
切実に思います。

今回ご協力頂いた
たくさんのみなさま
どうもありがとうございました。

猫ちゃんの保護活動家のキャサリンさんのblogに
きれいな部屋で過ごす親子猫の様子を
見ることができます。
↓↓↓

この子たちを温かく迎えてくれる
飼い主さんを募集しています。

気になる方は
よろず屋ももじさんのTwitterメールや
コメントなどでご連絡ください。
何件か問い合わせが来ているようです。

この子たちはいま、仮の名前に
ハーブ名がついているそうですよ(╹◡╹)
なんだか嬉しい。

http://ameblo.jp/hiroko-chivi/entry-12607307709.html

コメント(0)


2020年06月30日 05時18分
まいろふぇ

まいろふぇ
発売中です。

ハーブで
暑さを乗り切る、コロナ対策などの
ちょっとしたアイデアを
ご紹介しています。
ご覧いただけると嬉しいです(╹◡╹)

蝦夷梅雨のような
雨が降り肌寒い日が続いていますね。

雨でもお散歩に行きたいラビッヂは
今日はどれにするのかな?と
声をかけると
ほっかむりBoxから
毎回自分で選んで手拭いを
持ってきました。

ビニールは
土砂降りの日にママがビニール袋で作る
雨がっぱ笑

拭く面積を減らしたくて
顔を覆うように作ると
ラビは気に入らないようでした(o^^o)

コメント(0)


2020年06月29日 07時02分
蝦夷梅雨

29日は
ラビッヂの2回目の月命日。
「存在」がいない空虚感を埋めてくれた
「ラビッヂ」がいるおかげで
ずいぶん気持ちが楽になりました。

久しぶりにハーネスに触れると
お散歩行く時の用意に私がモタモタしても
ずーっとニコニコ待っていてくれる
優しいラビッヂを思い出します。

居間のラビベッドも
クッションも
柵も当たり前のように
置いたまま、片付ける気持ちには
なれないので、しばらくはこのままに。

月命日にあわせて
お花を届けてくださった方もいて
感謝です。

バラがポチポチと咲くと
庭が華やかになります。

手入れをへらしたいので
バラは大株にしないで
小さめで管理、
房咲きでたくさん咲くと
お腹いっぱいになるので
肥料も控えめに、、、(〃ω〃)

ツルマサキのつぼみが
なかなか開かなくて
気になっていました。
ようやく開いてかわいいお花が
姿をみせてくれました。

トマト、
たくさんなってね。

ラビッヂはなっている
赤いトマトを落とさずに
ひと口食べるのが得意でしたが
青いトマトをフライングした時は
ポロっと落ちてしまい、、
大反省(^_^*)

こんな風に小心者のところも
可愛かった。

バジルも順調。

コメント(0)


2020年06月25日 09時34分
ラビ寄せ植え

朝早く起きたらまず
窓を開けて
ラビおはよう と声を掛けるのが
日課です。

ロンとみふぃよりも
多くて名前を呼んでいるので
やきもちやいてるかも。。

ラビを偲んで植えた寄せ植え。

見るたびに
ニコニコラビを思い出せる
不思議な寄せ植えです。

半分は宿根なので
来年以降も引き続きラビ寄せ植え
バージョンアップして
大切に育てようと思っています。

猫の件でなんだかクタクタになり
買い物にも行けずご飯支度が面倒、でも
ちゃんと栄養のある優しさが詰まった
ご飯が食べたい、というわがままを
叶えてくれるのが
野のさんのお弁当。

全然食欲がなかったのに
ちゃんと食べることができました。
食べること、
食べるもの、
作り手の想いが揃うと
最強ですね。

ごちそうさまでした。

コメント(0)


2020年06月24日 06時37分
日々変わる

毎日、風景が変わっていく
今時期の庭のそのスピードは
すごいです。

朝と夕方でも全然違うくらい
花が咲いたり
つるがのびたり
自分の感覚だけが
スローペースみたいです(苦笑)

枕木デッキの通路をみると
にっこり笑うラビッヂがいる、

姿はみえなくても
気配を感じます。
不思議ですね。

最近は
ラビッヂのかわりに
猫が庭にいます。。。

この件は
すこし先がみえてきたら
アップしたいと思います。
(猫アレルギーなので飼う訳ではありません)

(о´∀`о)

コメント(0)


2020年06月22日 06時30分
はちみつ飴

最近、お気に入りのはちみつ飴。

かすれ声の喉に優しくて
中でもイチゴミルク味は最高U^ェ^U

いちご、といえば
ご近所の果樹園のケンタロウいちご
今シーズンまだ食べていない。

まだあるかなー。

庭のバラが
ちらほら咲き始めてきました。

何も手入れされていない、
伸びすぎたら切る、程度の手間かけなしの
我が家のバラたちですが
毎年ちゃんと咲いてくれて
どうもありがとう。

コメント(0)


2020年06月20日 08時09分
お花畑

今週は早起き続き。

3時起きでニセコ6時着での
大掛かりな植栽がありました。

1000かぶ以上を植え込み
一気にお花畑をつくるミッション。

10名のスタッフと一緒に
植栽しました。

秋遅くまで咲き続ける、
手間が少なく丈夫、

コロナストレスを
癒せるよう優しい色合い、
背丈がある程度高くなる、

そんな品種をメインにセレクトして
ほぼ一年草です。

三尺バーベナ、
ジニア各種、
マリーゴールドバニラ
メドーセージ、
アグロステンマなどが数多く
レストランのエントランス付近には
蔓性のコバイエや
ツンべルギアも入っています。

駐車場中央の長いボーダーは
花盛りにはかなりボリュームがでる予定、
見応えすると思います。

ブティック側の芝生のテラス席周りには
15基の寄せ植えコンテナも
設置しました。

こちらも成長してくると
ボリュームいっぱいになると思います。

6時スタートで9時過ぎには
ほぼ完了、
やっぱり人数多いといいな。
ひとりの負担が少なく(とはいえひとり100株は
植え込みしていますよね)
大変だった、という記憶より
楽しかった、という感情の時点で完了できて
庭作業のイメージが良くなると思うから(o^^o)

スタッフのみなさん
どうもありがとうございました。

あとは株元にもう一仕事が残っていますが
ヴィラルピシアのお花畑が楽しみに
ニセコの仕事に通います。

コメント(0)


2020年06月19日 07時53分
想い集大成のリース

ラビッヂに、と
本当にたくさんの方々から
日々お花が届いていました。

どれもきれいなお花たち、
癒された後に枯らしてしまうのも忍びなく
みなさんのお花から少しずつ
ドライにしていました。

四十九日の前日に
そのお花たちで
リースを作りました。

ラビッヂに想いを寄せていただいた
みなさまのお花の集大成のリース、
ラビッヂも
ずっとお花をながめることができて
喜んでくれるといいな。

久しぶりにリース作り、
どこにどのお花をつけようかな、
このお花はどなたからのお花かな、と
作っている時間は穏やかな気持ちになれて
幸せを感じるひとときを過ごしました。

四十九日すぎても
お花が届いています。

どうもありがとうございます。

これからも
お花をドライにしていきながら
またリースを作ろうと
思います。

コメント(0)