2024年06月14日 07時09分
アルケミラモリス

アルケミラモリス、
この花が咲くと
北海道のガーデニングシーズンの
スイッチがはいるような
気がします。

ガーデニング人口が
年々減少しているのを
肌で感じるここ数年。

私自身も
歳を重ねるごとに
重たいものを持つのが難しくなり
長い時間、暑い時期に
野外にいるのはつらいし
庭で植物と向き合う時間と
仕事量とのバランスにすこし悩み

植物(特に鉢植え)の断捨離を
少しずつしています。

動けなくなってから
断捨離では自身でできないから笑

10年前に比べると
あまり、いや
かなり手をかけていない庭ですが
植物たちは
のびのびと健やかなに
成長してくれて
日々様々な姿を見せてくれています。

足りないものを
その時々に補って
眺め愛情をそそぐだけでも
それなりに形になって
楽しませてくれる。

暴れ出したら
なだめてカット。
そんなガーデニングでも
いいのかも。

コメント(0)


2024年06月13日 05時28分
勢いスタート

壁面の
ロサグラウカとツルマサキが
一気に勢いを増してきました。

昨年秋に
強剪定したのが
よかったかな、
背丈を半分以下にして正解。

こちらも小さな苗を移植してから2年目。
ようやく勢いよく
柵に誘引できるようになってきました。

我が家の庭で最初に咲くバラ、
いつみても可愛らしい♫

ブッドレア、アナベル、
そしてウド笑

我が家の庭は
なんでもあり。

ハーブビネガー作りの
講座募集がスタートしました♫

かりのガーデンで育つ
朝摘みのハーブたちを使い
なんともいわれぬ食欲をそそる
ハーブビネガーを仕込みます。

普段使いができて
役立つハーブビネガー、
興味のある方
ぜひこの機会に
ご参加くださいね。

コメント(0)


2024年06月12日 05時30分
寄せ植え講座1回目

えこりん村花のまきばでの
寄せ植え講座一回目。

お天気にも恵まれて
参加されたみなさんと
苗選びから楽しみました。

今年もブルー系の花いろが
人気です。

容器は
素焼鉢ではなく
不織布のバック。

片付けるときは
折りたためて
何より軽いのが魅力。

そして植物にも
しっくりきますね。

2回目は
まもなく開催。

お花が次々と咲く様子を
想像しながら植え込む寄せ植え作りは
何度やっても楽しいです(^^)

げんきに育ちますように。

コメント(0)


2024年06月11日 04時49分
3回目道北釣行

宣言します。

釣り病です (笑)

今年に入ってから
3回目の道北釣行でした。

今回
いいサイズのニジマスメインで
楽しんできました。

蝉シーズンなので
躊躇なく蝉フライも
楽しんできました。

初日は
予報より
寒い、息が白い、
そして雨が長引きました。

冬のサーフ釣り並に
防寒して行ったけど
身体が冷えて
途中でお湯を沸かしお味噌汁の
お世話になり
温まりながら釣り。

今回も
師匠のおかげで
いいポイントを巡ることができました♫

片道8時間かかる
道北ですが

何度行っても
自然フィールドの広大さに
感銘を受けます。

ベストシーズン中なので
来月あたりまた行けたらいいな笑

それまでは
近隣で小さめサイズで
遊ぼう。。。

スマホで
ヒットしてから釣り上げるまで
動画や写真でその時の
思い出やわくわく感を
残すことができる今のご時世
ありがたいですね。

たまに見返して
ニヤニヤする時間もまた
楽しみのひとつです。

blogには
動画はアップできないけれど
インスタやFBには
すこしアップしています。

渓流脇のお花たちも
かわいくて
楽しみのひとつです。

コメント(0)


2024年06月10日 05時39分
ヴィラルピシア追加植栽

先月末に
ニセコヴィラルピシアのガーデンに
一年草の追加植栽を
行いました。

スタッフ、関係者のみなさんと一緒に
植え込みや
除草、摘芯、追肥や移植など
普段なかなか手が回らない作業も
大人数ですると
サクサクとおわるものですね。

宿根草や
球類でかなりのボリュームがありますが
さらに隙間に
三尺バーベナ、
バーベナバンプトン
白バナマリーゴールド
スーパーサルビア
ジニアなど
背丈のある花を多数植栽したので
宿根草の花たちとのリレーが
楽しめると思います。

レストラン入り口エリアには
さらに
足元を彩るもの、
壁面を這うもの、
いろいろ植えました。

アリウムギガンチウムの蕾が
のびてきているので
中旬あたりには
開花しているかな。

ボーダーガーデンエリア2箇所には
手作りの散水栓を設置してもらっているので
人力での水遣りでは
叶わない成長をしてくれます。

施肥のタイミングさえ
きちんとあわせられれば
多少土壌質を改良しきれなくても
大丈夫、ということを
数年前から学んでいます。

散水栓は
フランスに行った時
あちこちで目にして
ニセコでも実践してみようと
思っていたもの。

気温40℃近く、湿度30%台の
快晴の南フランスの夏に人力での
水遣り、、、は
人も植物もリスクが高すぎるの納得。

写真のような設備でなくても
ホースに小さな穴をたくさんあけて
随時微量の散水ができるおかげで
ヴィラルピシアの植物の成長は
著しいものがあります。

今シーズンは
ホップ鉢も登場しています。

植え込んでから
3年過ぎたので
実がなるはず。

これも楽しみです。

作業のあとは
美味しいランチを頂き
お疲れ様会。

ニセコにお越しの際は
ぜひヴィラルピシアに
お立ち寄りください(^^)

コメント(0)


2024年06月08日 07時00分
寄せ植え

先日納品した寄せ植え。

ブルーと白メインの
爽やか系です。

ギモーブが
サクサク生地に
サンドされていて
美味しかった♫

人生初の
メニューを注文、

かしわと天ぷらのお蕎麦。

これ
自分でも作ってみようと
思う組み合わせでした♫

コメント(0)


2024年06月06日 04時57分
自然の中は素晴らしい

川に降りるまでの
林の中の植生が
素晴らしかった道北。

渓流ギリギリまで
お花畑、
踏まないように歩くのが
難しいくらいでした。

小さなお花だけど存在感抜群、

釣りもしたいし
林の中も見たいし
やりたいことだらけで
なかなか先に進まない。

今回の釣行も
師匠にお世話になりました。

ピンポイントで
ベストなエリアに
連れて行ってもらい
ロッドを追加で購入しようと
思うような釣りを
楽しませてもらいました。

さぁ次はいつ行くかな笑

コメント(0)


2024年06月04日 05時57分
弾丸釣行あれこれ

釣行の定番
ラーメン。

身体が温まり
ささっと食事を済ませることができる笑

4月に立ち寄ったお店のラーメンが
美味しかったので
再訪しました。

山の水族館に寄りました。

ここは淡水魚メインの水族館。
オショロコマ
ニジマス
ブラウン
アメマス
イトウ
など大好きな魚がいる場所。

いくらでも見ていられる。

特にイトウが
迫力満点。

mサイズは圧巻ですね!

閉館ミュージックが流れるまで
いたので
お魚クラフトのお土産コーナーに
寄る時間がなくなってしまい残念。
またいつか
来たいです。

繁忙期に
道北弾丸のハードスケジュールでの
釣行、
なかなかのチャレンジですが
やっぱり
釣りは楽しい。
大好きな魚に出会えることと
渓相や周りの大自然に
癒してもらっています。

疲れはバリッと抜けない
お年頃、
漢方のお世話になりながら笑
仕事と釣り。

好きなことをする時間は
大切だとしみじみ思います。
blogには
動画の貼り付けができないので
Instagramやfacebookの方に
アップしています(^^)

コメント(0)


2024年06月03日 05時52分
弾丸釣行続き

道北の朝の気温は
まだ一桁前半、

川に立ちこむことを
考えるとインナーにフリース素材を
選ぶのが無難です。
昼に近づくと
陽射しが暖かくなって
一枚脱いだりファスナーをあけたり
忙しい笑

前日とは違う河川での釣行、
この日はフライで
楽しみました。

いいサイズのニジマスが
数本釣れて
嬉しかったです。

7フィートの柔らかめのロッドなので
40センチをこえて太めになると
ヒヤヒヤです。
4月の道東では
ラインを切られフライごと
持っていかれた苦い思い出があり、、、

自分のフィールドとは
全然違う川幅や深みを考えて
帰ってきてから
9フィートのロッドを購入してしまいました。苦笑

こんなことなら
釣りはもう行かないと決めた時に
道具は手放さずに置いておけばよかった、と
ちょっと後悔。

少しずつ
必要なものは揃えていきたいと
思います。
自分の年齢を考えると
あと何年位
川歩きできるかな、早朝から入渓して
夕方まで釣りできるのかな、と
いろいろ思うこともあるので
出来ることは
今のうちに
思う存分楽しみたい。

美しい渓相で
カワセミが飛んでいました。

師匠とニジマスに感謝です。

続く。

コメント(0)


2024年05月31日 05時35分
リベンジ釣行

5月に入ってから
リベンジ道北釣行に出かけました。

4月にいった時は
ゆきしろが収まっておらず
入渓できない川が多く
早々にサーフや道東に切り替えた、

渓流不完全燃焼だったので
春蝉とカッコウの鳴き声が
スタートするや
いたたまれなくなり
弾丸釣行へ。

道北は
自然のスケールが
こちらと別次元、
行くたびに発見と癒しと感動。

ゆきしろも収まり
いい感じ。

猿払川では
イトウの迫力満点のバイトを
間近で何度も見ることができました。

初日はルアー、
師匠ゆかりの支流からスタートして
いいサイズを
数本つることが
できました。

続く。

コメント(0)