2018年09月09日 13時15分
みなさん大丈夫ですか

6日未明に起きた
大きな地震、みなさん大丈夫でしょうか?

直後の停電が長引き
携帯も圏外になり
ネットへのアクセスも出来ず

頻繁にやってくる余震の中
ラジオから流れてくる情報や車のカーナビで
時々ニュースを確認しながら携帯の充電をする、
そんな2日間を過ごしました。

経験したことのない揺れでしたが
幸いにも棚の引き出しがすこし開いたくらいで
家の中は
物が落ちたり壊れたりする被害はありませんでした。

たくさんのみなさまから
ご心配のメッセージをいただき
心強かったです。

どうもありがとうございます。

ラビッヂは
大きな揺れでパニックになり
顔を引きつらせて緊張感いっぱいで
側から全く離れない、
続く余震もこたえたようですが
翌日には
疲れ果てたのか、すこし慣れたのか
小さな揺れはやり過ごせるようになりました。

バリケンは
万が一の避難の時のために
車に積んだままので

ダイニングテーブルを
居間に移して安心できる空間を作ったら

揺れを感じたら
急いでテーブルの下に潜る、という
学習も出来ました。
まるで幼稚園児の避難訓練のよう。
ここでは身体を伸ばして寝ているので
安心エリアなようです。

停電が解消して
余震がすこしずつ減ってきた頃には
ようやく笑顔も戻ってきました。

お散歩がてら
友人のお宅に寄り近況報告をし合ったり
出来るだけ気分転換をしながら過ごし
すこしずつ、すこしずつ
日常生活に戻れたらいいなと思います。

あさって9月11日は
みふぃの命日。

庭にあるお墓を補修して
周りの枝葉を拾い
きれいにしました。

スーパーなどでは
物流が滞り商品に限りがあり
連日長蛇の列、

みふぃの大好きなお供えものは
買うことができないので
今年はごめんね!

車のガソリンは
先日、お散歩で通った時に
近所のスタンドが開いていて
待つ車が10台くらいだったので
急いで帰宅してラビを乗せて
給油してきました。

10分位しか待たなかったので
ありがたかったです。

水道は大丈夫だったのですが
念のためお風呂に水をためたり、
ガスも使えたので
とりあえず明るい時間には食事も作れましたが
停電が長かったため
冷蔵庫の食材を早く消費しなければ、、、
ということもあり

豚汁をたくさん作って
停電がまだ解消されていない
一人暮らしのご年配のお宅に
お届けしたり、様子を確認したり、

(我が家は地震から43時間後には
停電が解消したのですが
道路挟んで向こう側一体から藤野近辺はまだ
真っ暗のまま、さらに丸一日後にようやく
復旧しました。)

いろいろ考えさせられる時間を
過ごしました。

震源地の厚真地方や市内でも清田区などは
被害が甚大で
被害に遭われたみなさまに
心からお見舞い申し上げます。

救助活動や停電や断水を解消するべく
夜通し尽力してくださっている方々、
ありがとうございます!

大きな被害がでてしまい
各地イベント等が延期や中止となり
私の仕事もほとんどお休み状態です。

中止となったハーブ講座などは
改めていろいろなかたちで
お知らせ致しますね。

まずは
余震に気をつけて
心が落ち着いたら前に進むエネルギーを
充電したいな、と思います。

被害の大小に関わらず
辛く怖い体験をした人は
気持ちを言葉にして話すことが大切だと
言われています。

心の中に溜め込んでしまわないように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です