かりのあさの的コラム




札幌在住のハーブ研究家がハーブ&アロマのトータル情報をお届けします


生姜のパワーにあやかって
「ハーブのある風景」
「フレッシュハーブのティーリースつくり」
「ハーブを摘み取って作ってみよう!」
「ハーブティーで体調管理」
「美しいバラたち」
「我が家のお庭」
「ハーブも一緒の寄せ植えを楽しみましょう」
「春の花とハーブでくるくるサンドウィッチ」
「ハーブティーでおはぎ」
「ハーブの花言葉」
「ドライハーブで作ってみよう!」
「庭の冬支度とハーブの保存作業」
「セージ(サルビア)の花たち」
「お庭で楽しむおすすめハーブたち」
「ミントの香りで涼を楽しもう!」
「ハーブとフルーツのビネガーシロップ」
「ハーブのお庭」
「春ならでは」のハーブたち。

クラプラガーデンモール「ハーブまるごと活用レシピ」2012年5月掲載分


北海道はようやくガーデニングシーズンがスタートです。

雪解けのあとに楽しめるハーブといえばチャイブ。

エゾネギとも呼ばれユリ科のハーブです。

球根が増えて大株に育っていきます。

細い葉は長ネギのように中空でアサツキのように料理に使います。

群生して植えるとピンク色の花が見栄えします。

早春の葉は柔らかく香りも豊かなのでどんどん食べましょう。

刻んでお味噌汁に、オムレツに、バターにも。

たくさん収穫できたら刻んで冷凍しましょう。

チャイブはコンパニオンプランツとしても優秀。

バラやリンゴ、人参の虫や病気を防いでくれるでしょう。

もちろんお花も食べられますよ。


私のお気に入りは鰹節とお醤油にあわせごはんにまぜたおにぎり。

ほんのり香るネギの香り~ぜひおためしを。


次はルピナス。

北海道では野生化して?道端にもたくさん咲いています。

春の、ボリュームの少ないガーデンを盛り立ててくれますね。

マメ科のハーブのルピナスは食用への利用ではなく

土壌改良の働きを利用します。

窒素とリン酸を結びつける働きがあり

緑肥として役立ちます。


また、土中の農薬の毒素を吸収するともいわれ

チェリノブイリの事故のあと周辺に植えられたそうです。

結果はいかに、、、気になるところですね。

花色はたくさんあります。

花のあとにまめのさやがつき種ができます。

こぼれ種でどんどん増えていくので株を更新しながら育てると

いいですね。


最後にラビッジ。

あまり知られていないハーブですがイタリアンパセリとセロリを足して2で割ったような風味とお味です。

宿根の大型のハーブで2年目に穂が立ち上がってきます。

スープの香り付けやサラダなどに使える万能ハーブなのでお料理好きの方にはお勧めです。

美味しい使い方などは今後紹介していきますね。まずは植えてみましょう!


バジルを育てて満喫しよう♪
ハーブの小花
庭の足元
ベリー類
フレッシュハーブのリースで保存管理
「マスクのアレンジ」
「ローズマリー」
「レモンバーベナ」
「ドクダミ」
「フェンネルの魅力」
「オープンガーデン」
「ミント」
和製ハーブ・しょうが
冬を乗り切る~スパイス編
庭のハーブ冬支度
「アロマテラピー」
香りの不思議
ハーブとの出会い
庭でいい香り~でもハーブは増えてこまる??
「土」のこと
フッタ
Copyright(C) ハーブ研究家 狩野亜砂乃. All Rights Reserved.