かりのあさの的コラム




札幌在住のハーブ研究家がハーブ&アロマのトータル情報をお届けします


生姜のパワーにあやかって
「ハーブのある風景」
「フレッシュハーブのティーリースつくり」
「ハーブを摘み取って作ってみよう!」
「ハーブティーで体調管理」
「美しいバラたち」

クラプラガーデンモール「ハーブまるごと活用レシピ」2013年6月掲載分


今シーズンは

雪が多く、気温も低かったため凍害や枝折れに悩まされた

ガーデナーも多いはず。

それでも、

枝葉を伸ばしかわいいつぼみがたくさんついたあとは

華やかなお花が次々と咲き誇り、

ふしぎとほかのお花では味わえない幸せを感じます。

バラもハーブの仲間、

女性に役立つ効能があり、

中世の時代から多くの貴婦人に愛されてきました。

ローズのエッセンシャルオイルは3mlで1万円を超える

高価なもの。

1トンの花びらからたった100~300gしか

精油がとれないことを考えると納得です。

ホルモンバランスを整えたりメンタルにも働き掛ける

ローズの香りと合わせて

お庭で眺める美しい花姿、

我が家のお庭にあるばらをいくつか紹介しますね。


「ソンブロイユ」

「ソンブロイユ」

花びらが100枚以上ある、クリーム色がかったバラ、

庭に一番最初に植えたバラです。

せっけんのような香りがします。


「ウイリアム」

「ウイリアム」

イングリッシュローズの「ウイリアムモリス」

くすみがかったピンク色がうつむくように咲きます。


「洋ナシの香り」

「洋ナシの香り」

クラウンプリンセス・マルガリータは

洋ナシのような香りがします。

私はこの香りが大好き、粗塩と花びらを

ミルフィーユのように瓶に詰めて

モイストポプリを作って楽しみます。


「ロサ・ルブリフォリア」

「ロサ・ルブリフォリア」

小さな花がたくさん咲きます。

葉の色が独特で、ガーデンでもひときわ

存在感があります。


「強健な種類」

「強健な種類」

バラは病害虫対策が必要で

お手入れもほかの植物より時間がかかります。

近年、札幌でも

蒸し暑い夏日が増えて

病害虫の発生頻度も増してきました。

そんな中、

強健種と呼ばれるものは

ありがたい存在。

ほとんど病気にならずに雨にも強い花は

長く咲き続けてくれます。


「紫色の花」

「紫色の花」

バラには青い色素がないといわれています。

紫いろの花は魅力的で

バラのなかでも異彩を放ちます。


「壁面のバラ」

「壁面のバラ」

家の壁面を使って

バラを植栽して楽しむコーナーは

北海道の初夏に華やかになる場所です。

玄関の出入りをするたびに

いい香りと美しい風景を楽しませてくれるバラ、

人を惹き付ける魅力がいっぱいですね。


「我が家のお庭」
「ハーブも一緒の寄せ植えを楽しみましょう」
「春の花とハーブでくるくるサンドウィッチ」
「ハーブティーでおはぎ」
「ハーブの花言葉」
「ドライハーブで作ってみよう!」
「庭の冬支度とハーブの保存作業」
「セージ(サルビア)の花たち」
「お庭で楽しむおすすめハーブたち」
「ミントの香りで涼を楽しもう!」
「ハーブとフルーツのビネガーシロップ」
「ハーブのお庭」
「春ならでは」のハーブたち。
バジルを育てて満喫しよう♪
ハーブの小花
庭の足元
ベリー類
フレッシュハーブのリースで保存管理
「マスクのアレンジ」
「ローズマリー」
「レモンバーベナ」
「ドクダミ」
「フェンネルの魅力」
「オープンガーデン」
「ミント」
和製ハーブ・しょうが
冬を乗り切る~スパイス編
庭のハーブ冬支度
「アロマテラピー」
香りの不思議
ハーブとの出会い
庭でいい香り~でもハーブは増えてこまる??
「土」のこと
フッタ
Copyright(C) ハーブ研究家 狩野亜砂乃. All Rights Reserved.