かりのあさの的コラム




札幌在住のハーブ研究家がハーブ&アロマのトータル情報をお届けします


生姜のパワーにあやかって
「ハーブのある風景」
「フレッシュハーブのティーリースつくり」
「ハーブを摘み取って作ってみよう!」
「ハーブティーで体調管理」
「美しいバラたち」
「我が家のお庭」

クラプラガーデンモール「ハーブまるごと活用レシピ」2013年5月掲載分


札幌もどんどん雪がとけて

ガーデニングのシーズンに入りました。

北国はお庭を楽しめる期間が短いので

短期集中型?植物たちも目を見張る成長。

桜、レンギョウ、つつじ、チューリップが一気に満開となる風景は

北国ならではかもしれません。

今回は

我が家のお庭のつくりを紹介したいと思います。


「枕木の通路」

「枕木の通路」

傾斜地にあるので

枕木でのり面にせりだしデッキをつくり

そのまま通路として使っています。

なので、せり出している部分(写真左)は

宙に浮いている状態で土はありません。

ワンコたちには歩く場所と植えてある場所の区別がつきやすく

植栽エリアにはいることもありません。

なんといっても一番の恩恵は

わんこの足裏の汚れが少なくて済むこと。

毎日、リアルタイムのことなので

とても助かっています。


「コンテナエリア」

「コンテナエリア」

しゃがまずにハーブの様々な香りを楽しめるよう、

台の上にコンテナを置いて

「寄せ植え」ならぬ「寄せ置き」で、

ガーデンの雰囲気を作っています。

空中に浮いているエリアなので

風通しがよく

多少の密集状態でも問題なく育っています。


「地植えスペース」

「地植えスペース」

写真の右側は地植えスペース。

東に面している庭は1時を過ぎると木陰エリアになり

涼しくなります。

できるだけ手のかからない、日当たりが悪くても

花が咲く、アナベル、ディアボロ、サラサウツギと一緒に

足もとにはハーブがいっぱい植栽しています。


「すいかの栽培」

「すいかの栽培」

道路より高い場所に庭があるので

フェンスに植物を絡めて楽しむエリアもあります。

黄色いスイカや

白いゴーヤなど毎年どんなものを植えようか、

楽しみでもあります。

このすいか、

どこで育っているかと言うと

フェンス裏にある大型のコンテナでの栽培です。


「キッチンコンテナ」

「キッチンコンテナ」

家のダイニングから

すぐ出られる場所にも

プライベートデッキスペースがあり、そこでは

使う頻度が高いハーブや野菜を育てる

キッチンコンテナエリアもあります。


「涼しいプライベートデッキ」

「涼しいプライベートデッキ」

このプライベートデッキも午後からは涼しくなるため

ワンコたちが自由にダイニングから出入りして

くつろいでいます。

もちろん人間も、

食事をしたり、本を読んだり、

短い北国のガーデンシーズンを

のんびり過ごす場所です。


「バラ、クローバー、ネモフィラ」

「バラ、クローバー、ネモフィラ」

これからどんな風にハーブや木々が生長するのか

今からワクワクしています。


「ハーブも一緒の寄せ植えを楽しみましょう」
「春の花とハーブでくるくるサンドウィッチ」
「ハーブティーでおはぎ」
「ハーブの花言葉」
「ドライハーブで作ってみよう!」
「庭の冬支度とハーブの保存作業」
「セージ(サルビア)の花たち」
「お庭で楽しむおすすめハーブたち」
「ミントの香りで涼を楽しもう!」
「ハーブとフルーツのビネガーシロップ」
「ハーブのお庭」
「春ならでは」のハーブたち。
バジルを育てて満喫しよう♪
ハーブの小花
庭の足元
ベリー類
フレッシュハーブのリースで保存管理
「マスクのアレンジ」
「ローズマリー」
「レモンバーベナ」
「ドクダミ」
「フェンネルの魅力」
「オープンガーデン」
「ミント」
和製ハーブ・しょうが
冬を乗り切る~スパイス編
庭のハーブ冬支度
「アロマテラピー」
香りの不思議
ハーブとの出会い
庭でいい香り~でもハーブは増えてこまる??
「土」のこと
フッタ
Copyright(C) ハーブ研究家 狩野亜砂乃. All Rights Reserved.