かりのあさの的コラム




札幌在住のハーブ研究家がハーブ&アロマのトータル情報をお届けします


生姜のパワーにあやかって
「ハーブのある風景」
「フレッシュハーブのティーリースつくり」
「ハーブを摘み取って作ってみよう!」
「ハーブティーで体調管理」

クラプラガーデンモール「ハーブまるごと活用レシピ」2013年7月掲載分


ようやく北海道にもさわやかな初夏が

訪れました。

暑いなか、お庭の作業をするようになり

水分補給にも気を使いますね。

そんな時に役に立ってくれるハーブティーを

紹介します。


「ローゼル(ハイビスカス)」

「ローゼル(ハイビスカス)」

以前、ハーブおはぎで紹介したことのある、ハイビスカス。

ローゼルとも呼ばれ

花のガクの部分をティーに使います。

残念ながら自分で育てることは難しいので

ドライになったものを購入します。

クエン酸が豊富なハイビスカスは

赤ワインのような色で酸味が強いティーになります。

この酸味こそが疲労回復効果を高めてくれるのです。


「アイスキューブ」

「アイスキューブ」

汗をかく今の季節、

スポーツドリンクと割って飲めば

おいしく、疲れもとってくれる万能ハーブティーですね。

ハーブティーを濃い目にいれて

アイスキューブを作っておけば

とても便利です。


「ハイビスカスティー」

「ハイビスカスティー」

私は毎日ポットに入れて

持ち歩いています。


「ステビア」

「ステビア」

次は

ステビア。

葉っぱをかじると

驚くほどの甘みを感じます。

言わずと知れたダイエット甘味料ですね。

お砂糖の100倍以上の甘さがあると言われ

ローカロリー。

ハイビスカスティーに入れれば酸味も和らぎます。

また、

ステビアお茶を作って

煮物を作ることもできますね。

ステビアはキク科の植物なので

キク科にアレルギーのある方は気をつけましょう。

また、

国によっては

食品添加物として認可されていないこともありますが

日本は大丈夫です。

保存は刈り取って乾燥させましょう。


「花エキナセア」

「花エキナセア」

こちらはガーデンでもきれいな花を楽しませてくれる

エキナセア。

このハーブは免疫力を活性化させる働きがあり

風邪気味、花粉症対策などの時に

私たちの力になってくれます。

暑さで体力が落ちてきたときなど

こまめに飲むといいですね。

ハーブティーに使われるのは

根、茎、葉の部分です。


「エキナセアティー」

「エキナセアティー」

すこし苦味のあるお茶なので

ウーロン茶や麦茶とブレンドすると飲みやすくなります。

エキナセアもキク科の植物です。

アレルギーのある方は気をつけましょう。

どのハーブティーもそうですが

1か月以上続けて飲むことは

避けましょう。

いろいろブレンドしてみたり、その時の体調に合わせて

飲み分けるのも

ハーブティーのおもしろさですね。


「チャービル」

「チャービル」

このハーブはチャービル。

イチゴのショートケーキなどに

よく飾り付けとして使われます。

ミネラルが豊富なこのハーブはサラダにも向いています。

繊細な葉模様が美しく

丈夫でよく育ちます。


「ティータイム」

「ティータイム」

ティータイムに、

お庭で育てたハーブも使って

ゆったりした時間を楽しんでみましょう。


「美しいバラたち」
「我が家のお庭」
「ハーブも一緒の寄せ植えを楽しみましょう」
「春の花とハーブでくるくるサンドウィッチ」
「ハーブティーでおはぎ」
「ハーブの花言葉」
「ドライハーブで作ってみよう!」
「庭の冬支度とハーブの保存作業」
「セージ(サルビア)の花たち」
「お庭で楽しむおすすめハーブたち」
「ミントの香りで涼を楽しもう!」
「ハーブとフルーツのビネガーシロップ」
「ハーブのお庭」
「春ならでは」のハーブたち。
バジルを育てて満喫しよう♪
ハーブの小花
庭の足元
ベリー類
フレッシュハーブのリースで保存管理
「マスクのアレンジ」
「ローズマリー」
「レモンバーベナ」
「ドクダミ」
「フェンネルの魅力」
「オープンガーデン」
「ミント」
和製ハーブ・しょうが
冬を乗り切る~スパイス編
庭のハーブ冬支度
「アロマテラピー」
香りの不思議
ハーブとの出会い
庭でいい香り~でもハーブは増えてこまる??
「土」のこと
フッタ
Copyright(C) ハーブ研究家 狩野亜砂乃. All Rights Reserved.